イチゴジャム

イチゴは冬のイメージが強いですが、品種にもよりますが、露地の旬は三月中旬から五月中旬の春の味覚です。ですので今時分はイチゴシーズンの終わり頃、滑り込み完熟ストロベリーというわけです。
そんなイチゴを買ってきましてイチゴジャムを作りました。パンなどに塗って楽しもうという思惑です。
初めてのジャム作りでしたがめちゃくちゃ簡単でびびりました。砂糖入れて煮る。それだけ。
完成したイチゴジャムは思っていたよりもどす黒い。自家製ですからもちろん無着色わけでこれがスタンダード。というか見栄えをよくするために食材に着色するってかなりやばい考え方だと思います。でもそうしないと売れないのかも。
僕の作ったどす黒いジャムをある人が見たらマズそうと言うかもしれない。農薬、化学肥料が当たり前の野菜作りもそうですがいつの頃からか歪んでしまったスタンダードを本当のスタンダードに正していくのも、こだわりの食材を扱う我々の使命の一つと思います。