山から掘り出した土に燻炭を混ぜて培養土づくり。来週の種まきに向けて田んぼの作業が始まりました。
田んぼはですね、また畑と違った別の魅力がありますよ。僕らが栽培しているのは酒米で日本酒を作るために米を栽培していますが、やはり米はジャパニーズソウルフード、DNAに刻まれているんでしょうか、それを栽培することは妙に体に馴染みます。
田んぼをつくり、水を入れ、苗を植え、稲を狩り、天日干し、脱穀、籾摺り。
縄文晩期から考えると紀元前10世紀から変わらない感覚。

僕らの酒プロジェクトは大磯に越してきて四年目に突入しました。田んぼ作業はもとより今年は小屋の移築や周辺整備にも力を入れます。
個人的には区画割りしたメンバーさん向け貸農園に注目しています。おのおのの個性あふれる農園が田んぼのランチを彩るということです。僕も1区画借りました。何を植えようかな〜。
こうやって考えてみるとやることいっぱい。その全部を骨の髄までしゃぶりつくすくらい楽しめたらきっと最高だと思っています。